ネイティブな発音を習得

ABC

早くても問題ない

英語を公用語としている国は多くあるので、海外へと旅行した際には流暢に話せるようになったら便利であると考える人は多いはずです。そう考えたのは一部だけではないようで、従来の教育課程では中学校から授業に取り入れる英語が小学校からになったのは最近のことになります。英語の発音は大人になってしまうと完全に習得することが、難しいといわれているのでこれからの日本には必要不可欠なことかもしれません。そして今一番注目されているのが、小学校に入学する以前の幼稚園での英語教育を希望する保護者が多いことです。これは元々早期に英語に慣れさせるという目的で、遊びの一部として取り入れていた幼稚園もありました。しかし最近になってからは、遊びの一部的な役割よりももう一歩踏み込んだ本気で、英語取得を目指す幼稚園が出てきたのです。とは言っても幼稚園なので、小学校や中学校のような形式とは違う形で授業がすすめられます。その内容は以前は遊びの一部で、英単語を覚えさせていたのを強化して簡単な文章を楽しく学ばせるのです。集中力が途切れやすい年少組は、ダンスや遊技と絵本の読み聞かせを中心にして取り組まれています。年少組よりは集中力もついてきた年長組は、もう少しグレードアップしたネイティブ英語に触れていくというものです。母国語である日本語の習得ができてからの方が、よいのではないかという意見があるのも確かで一理あります。しかし聞き取るための耳というのは、若ければ若いほど性能を発揮するので英語耳を育てるには幼稚園からの方がよいのです。

Copyright© 2018 英語力で素敵な未来に羽ばたこう!【子供の英語教育が肝心】 All Rights Reserved.